ディスコ(DISCO)に危険はないの?【4つの有力な成分って?】

ピュアスリミー 成分

 

ディスコ(DISCO)は飲むことによって痩せる効果があるサプリなので、気になるのは、配合をされている成分ですよね。

 

そこで今回は、ディスコ(DISCO)に使われている成分について調べてみました。

 

これからディスコ(DISCO)を使ってダイエットをしようと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

ディスコ(DISCO)は4つの有力な成分が配合されているんです

 

ディスコ(DISCO)に使われている有力な成分1つ目は、コレウスフォルスコになります。

 

コレウスフォルスコの効果は、基礎代謝を活発にする効果が期待できます。

 

基礎代謝はどうしても年とともに下がってしまうため、昔と同じ生活をしているのに太りやすくなったというのは、基礎代謝が年齢と共に下がってしまったからということが多いのでディスコ(DISCO)を飲むことで基礎代謝を活発にすることができて痩せやすい体を手に入れることができます。

 

他にも脂肪燃焼効果、血圧を下げる効果も期待できます。

 

だたコレウスフォルスコは人によっては基礎代謝が活発になることで激しい動悸を感じてしまうこともあるようなので、もし体に異変を感じたり、不調が出てしまった場合は使用を中止するようにしてください。

 

2つ目の有力な成分は、バイオペリンになります。

 

バイオペリンはインドの痩身生薬になります。

 

効果は、栄養の吸収を助ける働きがあります。

 

あと血行の促進、脂肪燃焼効果が期待できます。

 

バイオペリンは持病の関係で何か他に薬を飲んでいたりすると吸収率を上げる作用が働いてしまって効き目が出てしまうことがあるようなので、もし何か薬を服用中の方は、ディスコ(DISCO)の使用をする場合は注意が必要です。

 

必ず専門医の方に相談の上使うようにしてください。

 

3つ目の有力な成分は、クラチャイダムになります。

 

クラチャイダムは、タイの痩身生薬になります。

 

効果は、血管拡張、疲労回復、アレルギー症状の抑制、抗酸化作用があります。

 

しょうがのアレルギーを持っている方はアレルギー反応が出てしまう可能性があるのでしょうがアレルギーをお持ちの場合は注意が必要になります。

 

あと多量に摂取をしてしまうと下痢になってしまう可能性も出てきてしまうので摂取量はしっかり守った上で使うようにしましょう。

 

4つ目の有力な成分は、クロロゲン酸になります。

 

クロロゲン酸は、南米の痩身生薬になります。

 

効果としては、糖質の吸収を抑制し、脂肪の蓄積を抑制する効果が期待できます。

 

クロロゲン酸を大量に摂取をしてしまうと便秘になってしまう可能性が出てしまうので注意が必要です。

 

まとめ

 

ディスコ(DISCO)の有力な成分は4つあります。

 

1つ目の成分は、コレウスフォルスコで効果は、基礎代謝を上げ、糖分の吸収を抑える効果が期待できます。

 

2つ目の成分は、バイオペリンで効果は、血行促進作用と、代謝の促進効果が期待できます。

 

3つ目の成分は、クラチャイダムで効果は、血行を促進して余分な水分や老廃物を排出する効果が期待できます。4つ目は、クロロゲン酸は、糖質の吸収を抑制し、脂肪の蓄積を抑える4つの成分になります。

 

どの成分も大きな副作用の心配はありませんが、過剰に摂取してしまうと体に負担がかかりすぎるので、注意が必要です。

 

>>ディスコ(DISCO)の詳細はこちら